自動車保険の基本

自動車保険加入にあたり、まずは基本を押さえておく必要があります。この基本を理解していないと、事故を起こしたときに取り返しのつかない事態に陥ってしまうこともあります。思い込みではなく、正確な情報を理解しておきましょう。

自動車保険とは

【まとめ】
1.強制保険と任意保険がある
2.強制保険の補償内容は限定的

強制保険とは、車検を通すときに「強制的に」加入させられる保険のことで、自賠責保険と言われています。「強制」と名の付くとおり、法的に定められた自動車保険であり、自賠責保険に加入していない車に乗ること自体犯罪です。

一方、任意保険とは、保険会社が販売している自動車保険のことで、保険会社によって詳細な補償内容・特約は異なります。

一般的に、死亡事故を起こすと、1億円を超える損害賠償が発生することもあり、自賠責保険の上限である3,000万円を超す分については、加害者側で支払う義務を生じます。任意保険に加入していなければ、この差額を自己負担する必要があるのです。

自賠責保険範囲

自賠責保険で補償されるのは、被害者(人)への賠償のみであり、死亡事故の場合3,000万円、傷害の場合は120万円を上限として補償されます。

また、被害者の物、自身のケガ、自身の車などへの補償は対象外となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です