自動車保険への加入率

加入率 補償内容
対人・対物補償 70%超 他人を負傷(死亡)させてしまった場合、また他人のもの(自動車・バイク・自転車・建物・ペットなど)を壊した場合の補償
搭乗者傷害補償 40%超 自身や同乗者がケガ・死亡した際の補償
車両保険 40%超 自身の車の修理費用・損害を補償

対人・対物補償への加入率は一番高いものの、70%程度というのが現在の状況です。この加入率を高いか低いかは議論の余地がありますが、第三者と事故を起こした際に、金銭的に全責任を負わなければいけないドライバーが3割程いるという事実があるということになります。

搭乗者傷害補償については、40%程度の加入率にとどまっていますが、年々加入率が増加している傾向にあります。

車両保険については、原付バイクなども含めた加入率であるため、車だけでみた加入率はもっと高くなります。さらに、新車または車検登録から3年未満の自動車は、70%程の加入率であり、車の価値を考慮した加入を検討している状況が伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です