自動車保険に加入する意味

日本の自動車登録数は約8000万台と言われており、実に人口の6割以上の登録数となっています。そんな中、自動車事故は後を絶ちません。

自動車事故と切っても切れない関係であるのが自動車保険です。自賠責は必ず必要な保険となりますが、任意保険については、加入しなくても公道を運転できます。事実として、任意保険の加入率は、全自動車登録台数の内、全国平均で最大70%程度であり、実に街中を走っている車の10台中3台が、保険に加入していない車ということになります。

事故発生時、当然のことながら、車だけでなく、人・物、とにかくたくさんの事故対象物への補償が必要になってきます。仮に、自賠責のみ加入している無保険車が対象であれば、金銭的な補償は自分自身で処理しなければならず、万が一、人命に関わることであれば、残りの人生掛けて、被害家族への金銭的・社会的補償を果たさなければなりません。(任意保険に入っていれば、社会的な償いは不要という意味ではありません。)

自動車保険の加入有無、保険内容については、ついつい他人事のように選択してしまう傾向がありますが、このような最悪の状況を想定して、納得いく保険内容で契約する必要があるのです。

既に、よく吟味せずに保険内容を選択し加入してしまった方は、毎年の更新タイミングで、再度保険内容を見直し、いつ起こるかもしれない自動車事故に備えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です