自動車保険の種類

自動車保険は、補償内容により大きく5つに分かれています。保険加入時に、補償内容を確認するようにしましょう。

1.自賠責保険・・・強制保険
2.SAP・・・自家用自動車総合保険
3.PAP・・・自動車総合保険
4.BAP・・・一般自動車保険
5.ドライバー保険・・・自動車運転者損害賠償責任保険

2~5の各保険は任意であり、自分に合った保険を選択することができます。

各保険の補償範囲

自賠責保険 SAP PAP BAP ドライバー保険
対人賠償 △※1
対物賠償 △※1
搭乗者傷害
自損事故 △※1
無保険車傷害
車両保険 △※1

総合的な自動車保険は、SAP、PAPの2つです。上記表を見ていただくと分かりますが、「車両保険」が基本契約として付帯されているかどうかが、大きな違いになります。

※1
BAPは総合保険とは異なり、必要な補償内容を自分で選択する(「対人賠償」or「対物賠償」or「車両保険」)タイプの自動車保険となります。また「対人補償」を選択した場合は、「自損事故」も自動付帯されます。

ドライバー保険は、ペーパードライバーのような普段運転されないドライバーのための自動車保険と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です